思い切って美容外科でたるみ取りをしました

40歳前くらいから電車の窓に映る自分の顔を見て、ほうれい線が目立つようになってきているのが嫌で仕方がありませんでした。

若い頃から容姿に関しては褒めていただくことが多かったのですが、もう歳なんだからと現実を受け入れなくてはいけないけれど、肌の衰えがとても大きなコンプレックスになっていました。

世間では中年のおばさんかもしれませんが、やはりスキンケアにしてもヘアースタイルにしても体型も、綺麗に維持したい気持ちが強いのでそれなりの努力はしてきました。

あなたにオススメの東京のバストアップの情報をご説明します。

その成果もあり、実年齢を言うと驚かれることもあり、若いとは評価してもらえますが、やはり自分自身が納得できないので、色々な情報は取り入れていました。

顔のたるみ取りには顔の筋肉を鍛える体操がいいといわれれば、朝晩きちんと守り、たるみ取りに効く美容液があると知れば多少高価でも使ってみたりもしました。
でもやはりこの悩みがなくなることはないので、色々と考えた結果、ついに美容外科に挑戦してみようと決心しました。

美容外科と言っても切ったりなどは抵抗があるので、フォトフェイシャル等の光を当てて毛穴を小さくし、たるみ取りを行う施術方法を試してみることにしたのです。
たまたまキャンペーンをしていたこともあり電話予約してみたのですが、お話を聞きに行った時の女医さんの対応のよさや、美容外科の雰囲気も非常に落ちつくので、早速1度施術を受けてみることにしました。



若干の痛みはありましたが、その後のクールダウンで顔の赤みも落ち着き、初回ながら毛穴が小さくなっているように感じました。



数回つめて通い、その後はメンテナンス的に通えばいいということなので、これなら安心して受けられるなと喜んでいます。