バナー

安すぎる?保育士の給料は?

待機児童問題と呼ばれるものがあります。


保育所に子供を入所させたいけれど、保育所がこれを拒否することでこの問題が生まれます。
ではなぜ保育所は入所拒否をするのか?これは単純な答えで、保育士の数が足りていないからです。

今すぐ使える教えて!goo関する便利な情報が満載です。

しかし保育士の資格を持つひとは、全国に六十万人以上はいるといわれています。

これだけ多くの資格者がいて、どうして人手が不足するのか?これも単純な答えで、退職するひとが多いからです。

じつは保育士の給料はとても低く、平均年収にして300万円台だといわれています。

新人の場合、15万前後の給料で、そこから各種保険を引かれると、手取りが10万弱になってしまうのです。

ベテランの保育士の場合でも、保険料の支払いは上がるのに給料はほとんど変わらないので、むしろ手取りの額が減ってしまうといったことさえあります。

子供の面倒をみるだけだから、仕事内容は楽だと思われがちですが、けしてそうではありません。大切な子供を預かる仕事は責任がとても重大です。もしも子供になにかあれば、それは保育士の責任になります。



そのため、子供達の行動につねに目を配り、心休まることがありません。


さらに保護者の中には身勝手なクレームをさいさん浴びせてくるひともいます。
精神的にもストレスの多い職業なのにもかかわらず、それに見合った報酬がないので、退職者が多くてあたりまえなのかもしれません。

今後、国策として保育所への助成金などを検討しなければ、待機児童問題はますます深刻化するでしょう。

こだわりの高い保育士の給料を自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。